中国輸入無在庫販売で売るためのポイント③「画像」

こんにちは!

法律・不動産業界から転身し、

「《脱転売》中国輸入で俺はメーカーになる!」のやっすんです(^^)

今日もご覧いただきありがとうございます。

今日は中国輸入無在庫販売で売るためのポイント③「画像」についてお話ししていきます。

無在庫販売に限らず通販で物を売る時は画像が命です

オリジナル商品で販売していく時はこの画像に命をかけるぐらいクオリティを上げて作成していきますが、

無在庫でもできる限り「買ってくれそうな画像」を心がけて画像を選ぶようにしましょう😎

 

登録する商品が服ファッション系の場合はメイン画像の白抜きが必須です!

これからは検索対象外になっていくので今から白抜き必須で登録するようにしてください。

服の場合は、商品単体の画像より「モデル着用画像」の方が売れやすくなります。

 

画像は何枚の方がいいのか?

なるべく多いほうがいいですよね😁

あっタグの画像も入れるようにします!

 

ここからタグの話をちょこっと👅

 

アパレルを扱う場合、売れてくると中国人セラーが必ず相乗りしてきます。

ランキング100位以内に入れば目立ちますので、相乗りの標的になります。

ここで相乗り排除する際にタグが必要となります。

できれば「縫いつけタグ」の方が排除しやすいので、

縫いつけタグの画像がいいです。

 

縫いつけタグは織ネームともいいますが、

織ネームもブランド名が決まればタオバオかアリババでお店を探して発注しておいてください。

2000枚ぐらいから発注できるところが多いですが、値段も安いので最初に準備しておくといいです。

商品に織ネームをつけてお客様にお届けします。

 

縫いつけタグの画像を入れておけば、相乗りしてくるセラーも少なくなります。

それでも相乗りしてくる中国人セラーがいますが😤💢

その時はやさしく追い出します😊

追い出し方は個別に聞いてくださいね🍻

 

画像は服全体の画像、ディテール画像などお客様が見てわかりやすいような画像を使うようにしてください。

画像1つで売上が変わりますので、画像は特に意識して、外注さんにも画像の重要性は強く伝えるようにしてくださいね☆

 

商品ページ上、画像が使える場所はもう一つありますよね!

 

そう!

 

商品紹介コンテンツ💡💡

 

ただ、商品登録をする際、最初から商品紹介コンテンツまで作ると大変すぎて商品登録数を増えていかないので、

最初はスルーしてください。

外注さんにも商品紹介コンテンツまでお願いすると、

しんどくて、お金にならなくてやめちゃうかもしれません😭

商品紹介コンテンツは何個か売れてきてからでいいと思います。

 

画像は本当に重要で、商品説明の文章より大事です‼

ご質問や中国輸入の無在庫販売を始めたい方はライン@(@dnx7822r)までご連絡ください(^^)

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネスランキング

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です