【重要】えっiPhoneケースでやけど?!

こんにちは!

法律・不動産業界から転身し、

「《脱転売》中国輸入で俺はメーカーになる!」のやっすんです(^^)

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

Amazonなどで人気のラメ入りiPhoneケース。

ケースの中の液体によって化学やけどを負う事故が米国などで相次いでいるため、製造会社がリコールを発表した。

問題になっているケースを製造していたのはアメリカの「ミックスビン・エレクトロニクスLLC」。

 

 

リコールの対象となっているのは、2015年10月から今年6月までに販売されたiPhone6・6s・7用の全てのケース。

ケースはAmazonのほか、百貨店や小売店でも売られていた。価格は15ドル(約1600円)から65ドル(約7000円)だった。

ミックスビン社の報告によると、世界各地で皮膚の炎症もしくは化学やけどの被害が24件報告されており、うち19件がアメリカで発生していた。化学やけどによって跡に残る傷を負ったり、足・顔・首・胸・上半身・手などが膨れてしまった消費者もいた。

 

日本のアマゾンでもラメ入りケースは販売されていますので、

ご購入を検討されている方は、「製造メーカー」や「手元に届いたら破損がないか」確認してくださいね😎

 

セラーとして販売されている方も要注意です💡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です