【コンサル生とスカイプ】どのカテゴリーを攻めるか?!

こんにちは! こんばんは!

法律業界では手取り10万円代の正社員、

不動産業界でも手取り10万円代の派遣社員を経て、

おもしろい物販の世界に飛び込んだ結果・・・

月収が◯倍になった「中国輸入の無在庫&有在庫の二刀流!!」のやっすんです(^^)

こんな自分でもできた中国輸入について、1人でもいいので人生を変えるきっかけになりたいと思い、情報発信しています。

今日もご覧いただきありがとうございます。

今週大阪でも桜満開になりますです😊

 

ポカポカ陽気で気持ちいいですね〜

 

昨日はコンサル生とスカイプ✌

 

 

3月は本業が忙しかったということで、自分ではあまりできなかったみたですが、

すでに外注さんを使って進めているので、自分の当時と比べて登録数を超えられちゃいました😅

自分は一人でガツガツやってましたが、

外注さんと使うとスピード感が違います💡💡

 

外注さんはお金が多少かかるところではありますが、

本業でなかなか時間がとれない方、スタートダッシュをきりたい方には、

やはりオススメです☝

 

昨日は

【返品時の対応】

【どのカテゴリーを攻めるか?!】

についてお伝えしました。

 

無在庫販売をやっていると、

というより商品ジャンルにアパレルを扱っていると

どうしても「返品」への対応は避けられません。

有在庫×FBAの場合、アマゾンがすべて返品・返金対応をやってくれますが、

自社出荷の場合は自分で対応する必要があります。

 

 

返品リクエストがきたら、

◯返品の流れ

◯どのようなメッセージを送ったらいいか

◯起きるであろうトラブル、どのようなことに注意したらいいか

などについてお伝えしました。

 

コンサル生にはお客様に送るメッセージの雛形(例文)もお渡ししました😎

初期対応を間違えると大変ですし、

リスクヘッジしながらこちらが有利になるような文言になるよう今までの失敗や経験を踏まえた内容にしてあります。

 

1ヶ月や半年ぐらいでは経験できない失敗も数多くしていますので、

特に失敗例は経験しないと話せないし、それを活かして改善することができません。

そのあたりは自身を持ってお伝えできるのでご安心ください😁🤣

 

また実際に返品の対応をする際、トラブルが起こった際には、

サポートさせていただきます。

やっぱり実際の局面になれば不安になることも多いと思いますので😊

 

また、そのガテゴリーの商品を登録すればいいかについてもお伝えしました。

ファッションカテゴリーでもたくさんの小カテゴリーがあります。

さらに、メンズ・レディース・キッズにも別れています。

 

感情的に登録したい商品、販売してみたい商品という理由で商品カテゴリーを選ぶのもいいですが、

それはもう少し後の方がいいと伝えました。

 

具体的にどのようにせめるのか?ということはコンサル生だけにしかお話しできませんが、

「効率的なものはどれか?」

ということを意識して進めて行く方がより売れやすくなるので、

そのことについてお伝えしました😊

 

本業がある方にとって4月はいろいろ忙しい時期でもあります。

コンサル生もそうですが、本業を持ちながら物販を頑張っている皆さん、

体調にはくれぐれもお気をつけくださいね😊✨

 

 

 

ご質問や中国輸入の無在庫販売を始めたい方は

公式ライン@までご連絡ください ( ̄ー ̄)bグッ!

ライン@追加はこちら↓
ID検索:@dnx7822r)(@マーク必須)
ダイレクト:https://line.me/R/ti/p/%40dnx7822r

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネスランキング

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です