海外送金について

こんにちは!

法律・不動産業界から転身し、

「《脱転売》中国輸入で俺はメーカーになる!」のやっすんです(^^)

今日もご覧いただきありがとうございます。

輸入を始める際に必要な海外送金の話を簡単に〜♪

買付け(中国のお店から商品を買ってもらう)を代行業者にお願いするときには業者によって支払い方法が異なります。

支払い方法は

①日本円で日本の銀行口座に振り込む

②クレジットカード払い

③海外送金

などがあります。

①と②はわかりやすいと思うのですが、海外送金についてちょこっと説明します。

日本円を中国へ送金したい場合は主に下記の3つを使います。

◆SBIレミット

◆楽天銀行

◆ペイパル

上から順番に手数料が安くなります。

手数料が安いのであれば、「SBIレミット」しかない!

って思うと思うのですが、それはそれで注意事項やデメリットがあります。

詳しくは後日改めて書こうと思いますが、僕はすべて使ってみて判断すればいいと思います。

今日はもう一つの方法をご紹介!

中国の銀行口座を作ってしまうということです。

ちょっとハードルが高そうな気もしますが、そんなことはありません。

手数料が安いに越したことはないのですが、それぞれメリット、デメリットがありますので、

すべての選択肢を知った上で判断した方がいいと思います。

今日は海外送金について触れてみました☆

また詳しくご説明しますね(^^)


輸入・輸出ビジネスランキング

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です