商品撮影は◯◯の方がいい!と思う(^^)

こんにちは!

法律・不動産業界から転身し、

「《脱転売》中国輸入で俺はメーカーになる!」のやっすんです(^^)

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は商品撮影の打ち合わせに行ってきました📸😁

お願いしている方は家からも近くて、チャリで約15分ぐらい。

近いと「会って話せる」のがいいですね!

なので、商品撮影は「近い人にお願いする」方がいいです💡

 

商品撮影はネットで検索するとたくさん出てきますので、どこでもいいと思います。

ただ、こちらが希望することが実現できないとちょっと厳しいです。

商品を送って、内容を伝えて撮ってもらうところもありますが、

実際に商品を一緒に見て、「ここはこんな感じ」「この角度の画像がほしい」などなど、

細かく指示したい場合はやっぱり直接会って話した方がこちらの意図も伝わりやすいです。

商品だけの撮影の場合でしたら撮り直しもすぐできますが、

モデルさんにお願いする撮影の場合は特にこちらの意図をちゃんと伝える必要があるので打ち合わせはめっちゃ重要☝😎

ネット通販で物を売る場合、当たり前ですが「商品画像」はめっちゃ重要で、

①商品のディテール

②商品の機能

③商品を使った時のベネフィット

①と②も重要ですが、③のベネフィット(=メリット)をどのように伝えるかも画像が大事になってきます。

 

中国輸入の無在庫販売では特に商品撮影をすることはほとんどないですが、

オリジナル商品の販売をする時には商品撮影&画像加工はプロにお願いしてやってください。

素人が撮った画像はお客様も一瞬でわかりますので、

ここはお金をかけて長期的に販売していくためにもお客様に伝わる商品画像の準備を徹底してください。

 

無在庫販売でも長くやっていると毎年のシーズンごとで売れる商品が出てきます。

オールシーズン売れる商品は扱うジャンルがアパレルの場合は特にけっこう難しいですが、

無在庫でアパレル以外のジャンルの商品でも毎月コンスタントに売れる商品が出てくれば、

在庫化してFBAに入れて販売するのと合わせて、商品撮影をしてもっと売れる商品ページに改良するのもありですね😁

 

無在庫販売は在庫リスクがない販売方法ということと合わせて、

売れる商品のリサーチもできるところが大きなメリットです👍

 

1つ売れる商品が出てくれば、在庫化して、もっと売れやすくするのと合わせて、

同じような商品も需要がある可能性があるのでそれらも出品してみてください。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネスランキング

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です