無在庫における送料について←これけっこう重要!!

こんにちは!

法律・不動産業界から転身し、

「《脱転売》中国輸入で俺はメーカーになる!」のやっすんです(^^)

今日もご覧いただきありがとうございます。

今日は前回の続きで、無在庫販売いおける『送料』についてお話しします。

その前に、有在庫と無在庫の流れの違いに確認しておきます。

【有在庫の場合】

中国パートナー → 私(自宅) → FBA倉庫 → 客

【無在庫】

中国パートナー → 客

 

上記のように、無在庫場合は中国パートナーから直接お客様に国際郵便で送ることになります。

有在庫の場合はある程度まとめて仕入れするので1つずつの送料を安くするのが普通なのですが、

無在庫の場合は1つずつ送るので送料が割高になります。

これは普通ですよね🙂

そこで中国パートナーに確認するのが、扱える国際郵便の方法は何があるのか?

通常無在庫で日本のお客様に発送する方法として有名なのが「チャイナポスト」「EMS」の2つ。

チャイナポスト・・・お届けまでに発送から2週間程度かかるが、送料は安い。

EMS・・・お届けまでに発送から1週間程度かかるが、送料は安い。

《配送スピード》

EMS > チャイナポスト

《送料》

チャイナポスト > EMS

※送料は重量によって、変わりますが、一定の重さまではチャイナポストの方が安くなります。

 

無在庫販売では、送料が安い「チャイナポスト」を選ぶことが多いですが、

お客様へお届けするまでに時間がかかりますので、ここをケアする対策を行う必要があるので、

この点についてはまたお伝えします😎

中国パートナーには、この2つの方法を扱えるかと、それ以外の方法がある場合は配送スピードと送料について確認します。

一番安くて、早く配達できる方法がベストですが、

1つずつ送る無在庫販売は送料が高くなる傾向があるので、設定する販売金額と利益を考えて、

どの配送方法にするか考えればいいと思います😊

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネスランキング

いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です